カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
ジュエリーハートアート 人工宝石トラベルジュエリー通販ショップ ホームジュエリーハートアート 人工宝石トラベルジュエリー通販ショップ リングジュエリーハートアート 人工宝石トラベルジュエリー通販ショップ ペンダントジュエリーハートアート 人工宝石トラベルジュエリー通販ショップ ピアスジュエリーハートアート 人工宝石トラベルジュエリー通販ショップ ブレスレットジュエリーハートアート 人工宝石トラベルジュエリー通販ショップ ネックレス
高品質でお手頃価格のジュエリーを買うならココ!シンプルな1カラットピアス、ペンダント、リング、セットジュエリーから、ゴージャスな一点ものまで、宝飾業界20年以上のキャリアで米国宝石学会宝石鑑定士(GIA・GG)の店長がセレクト。大人の女性が気軽に楽しめるコストパーフォーマンスの良いジュエリーをお届けします。

ジルコン Zircon (12月の誕生石)

宝石 ジルコン

鉱物名: ジルコン(風信子石)
モース硬度: 6〜7.5

主な産出国: タイ、スリランカ、ミャンマー、オーストラリア、ブラジルなど
宝石言葉: 名誉、私だけを見つめて
誕生石: 12

中世の時代には、ジルコンは眠りを誘い、富・名誉・知恵を高め、災害や悪霊を追い払うと思われていました。ジルコンは12月の誕生石のひとつです。

ジルコンという言葉は1783年にスリランカ産の宝石に対して初めて使われました。この名前はアラビア語の朱色「zarkun」、もしくはペルシャ語の金色「zargun」が語源とされています。

ジルコンは多くの別名が存在する宝石としても知られています。「ヒヤシンス」という名前は赤茶色のジルコンに使われていました。「ジャーゴン」はスリランカ産のライトイエローからほとんど無色の宝石に使われました。400年以上もの間、無色のジルコンはスリランカの産地の名前から「マタラ・ダイヤモンド」として知られていました。熱処理をしたブルージルコンが初めて登場したときに、ティファニーの宝石専門家であったジョージ・クンツは「スターライト」という名前を付けました。ブルージルコンという宝石そのものには人気が集まりましたが、スターライトという名前は一般的にはなりませんでした。今日ではこれらの古い名前はめったに聞かれることはなく、ジルコンは単純に「色+ジルコン」で表記されています。ジルコンには、無色、ブルー、オレンジ、茶色、赤、緑、黄色など多彩な色のバリエーションがあります。主な産地はオーストラリア、ミャンマー、カンボジア、スリランカ、タイなどです。

ジルコンは最も比重(4.69)の高い宝石のひとつです。また、ジルコンの広範な色は、その希少性と比較的安いことで、コレクターには人気の高い宝石です。

ニューヨークのアメリカ自然史博物館には世界でも最大のジルコンのコレクションがあります。ここには、208カラットのブルージルコンが所蔵されており世界でも最大の大きさです。その他にも100カラット以上のブラウンジルコンもあります。

ページトップへ